遺産相続専門の弁護士に相談をしてみよう!

遺産相続専門の弁護士に相談をしてみよう!

男女

遺産相続に強い弁護士を探す

親など親族が亡くなった際に遺産相続をすることになります。遺産分割の話し合いが上手くまとまらないケースもよくあり、親族同士で争い、お互いを傷つけたり関係性が悪くなることもあります。そうならないように、必要なら弁護士に相談すると良いでしょう。争いになりうる要素を専門家が客観的な立場で関与することで深刻な争いを避けられる可能性が高まります。ただし、弁護士と言っても様々なタイプの人がいます。犯罪関連の事例に強い人、企業関連に強い人、離婚問題に強い人など、弁護士によって得意分野が異なります。相談の際は、遺産相続に強い弁護士を選びましょう。

ジャッジガベル

遺産相続をするために必要な手続きとは?

遺産相続の手続きの進み方は遺言書の有無で大きく変わります。遺言書がある場合、遺産分割は遺言書の内容にしたがって行われます。まずは家庭裁判所に検認という、遺言書の現状や存在を確認してもらうための手続きをします。遺言書が無い場合、遺産分割協議で遺産の分け方を決める必要があります。遺産分割協議をするために相続人調査、相続財産の調査をします。遺産分割協議で意見が合わないときは家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てます。遺産相続後には相続税が発生することがあります。その場合、相続開始から10カ月以内に申告、納税が必要になります。

相続税と贈与税の違い

相続税とは

相続税は被相続人の相続財産を受け継いだ際に、その相続財産の金額が一定額を上回ると課される税金のことです。

贈与税とは

贈与税は相続税と違い、贈与者が生存しているうちに双方同意のもとで財産を贈与した際に課される税金のことで、税率は相続税よりも高くなっています。