信頼することのできる税理士を見つけることが大切!

信頼することのできる税理士を見つけることが大切!

電卓を操作する人

どんなときに税理士に依頼するべきか

会社を新しく立ち上げたときなどは経理の面などで税理士に顧問の依頼をします。また確定申告などの際、確定申告書の作成というのは非常に時間がかかります。そういうときには税理士に仕訳や確定申告書の依頼をします。費用はかかりますが申告書の作成日時かかる時間で本業である仕事をすることができます。また相続が発生した場合なども税理士に依頼をした方がいいです。相続の問題はいろいろとトラブルも起こることが多いので相続税申告を依頼する方がよいです。

電卓

豊富な事例を持つ事務所に依頼しよう

豊富な事例を持つ事務所というのはそれだけ相談にくる人が多く解決する案件が多いということです。人気のない税理士事務所には相談にくる人も少なく、そのため引き受けた事例もあまり多くないといえます。良い税理士というのは人脈も多く、ネットワークも多いので、広い視点から見てくれることも多く納得のいく解決策を案じてくれます。また料金の問題もあります。やはり高いよりも安く依頼できるところの方が安心して以来できます。その点、大阪の税理士事務所というのは安くて良心的なところが多いです。そういう所には相談の案件が多く、事例も豊富です。

税理士に依頼するときの手順

女性

良い税理士を探す

まずは税理士を探す所から始めます。知り合いに税理士がいればいいですが、いない場合はネットなどを利用して探してみます。ホームページやブログなどをしている税理士事務は多いです。ホームページなどを見るとその事務所の雰囲気などがわかり、税理士との相性なども何となくですがわかります。幾つか探してみます。

ホームページ上などで相談してみる

ホームページやブログなどで相談などをできる場所がある場合が多いです。いきなり会って相談するのは躊躇してしまいますがネット上なら気軽に相談できます。

会って相談する

ネット上などで相談してみると大体の場合が直接会って相談しましょう、ということになります。良い返答がもらえた事務所なら一度会ってみます。そして相談してみましょう。相性の良さそうな税理士なら少し話せばだいたいわかります。話の受け答えの中で信頼できるかどうかわかります。そしてもし合わないと思ったなら相談だけして依頼はしません。相談料は取られると思いますが依頼するのはやめた方が無難です。

依頼をする

相談してみて信頼できそうに思ったなら思い切って依頼をします。意外に直感というのは大事なので、相性が良さそうと感じたなら依頼をしても大丈夫でしょう。